カロリー管理のiPhoneアプリで痩せる?ダイエッター必見!

最近、カロリー管理というiPhoneアプリを買いました。

こんなアプリです^^


↓ ↓ ↓


カロリー管理のアプリ

何故、このアプリを買ったのかというと、
自分が毎日どのくらいのカロリーを摂取しているのか?


また、どのくらい運動していて、
体重はどんな感じで推移しているのかを客観視する為です。


よくレコーディングダイエットをすると痩せやすいと言いますが、
これは自分の生活習慣を客観視できる為意識する事が出来るからでしょう。


カロリー管理も同じレコーディングダイエットですね^^


なので確実に痩せるとは言えませんが、
何もしないより自覚するので痩せやすいと言えるかもしれません。


ダイエットをしたい!
と考えているダイエッターには役立つでしょう。


わざわざアプリ使わなくても自分で記録すれば?
と思いますよね?でも、そこにはちゃんと理由があるのです。


その3つの理由についてご紹介していきます。


カロリー計算が容易に出来る

カロリー管理のアプリでは、
家の御飯や外食などのカロリー計算が容易に出来ます。


通常、自分でカロリーを計算するのは、
どうやればいいか分からないし面倒ですよね?


ですが、みて下さい!
カロリー管理のアプリはこんなに楽ちん!

一般食のカロリー計算

一般食のカロリー計算

食材の種類がダーッとかなりの数があり、
どのくらいのカロリーを摂取しているか分かります。


例えば肉類であれば、
肉類


こんな感じで肉類の中にも、
鳥のむね肉や普段食べない肉類まであります。


各食材でこのように用意されているので、
家で食べる御飯でもカロリー計算が容易に出来るんですね^^

また外食が多い場合やコンビニで買い物をする事が多い、
そんな場合であってもカロリー計算が簡単に出来ます。


IMG_2212[1]

こんな感じで多数のファーストフードや、
カフェ、コンビニなど食べ物やの情報が満載!


例えば、「かっぱ寿司」で見てみましょう^^


IMG_2213[1]

これ、凄くないですか?
各ネタで計算できるようになってるんです!!


カロリー計算が苦手でも、
簡単に自分を客観的に見る事が可能ですね^^


運動した記録を簡単に付けられる

カロリー管理のアプリでは、
カロリーだけでなく運動の管理も可能です!


IMG_2214[1]

こんな感じでジャンルを選択できます。

さらに、


IMG_2215[1]

運動事に分かれていてMETsを計算してくれます。


METSというのは運動強度の事で、
あとでカロリー計算にも使える数値です。


でも計算ってメンドクサイですよね?


カロリー管理なら何もしなくても、
腹筋を1分やった!とかで勝手にカロリー計算してくれます^^


実際に腹筋1分のカロリーを計算してみました。


IMG_2220[1]

おっ!!
腹筋1分だと9kcalになるんですね^^;w


何分やったかなども自分で記入出来るので、
運動のカロリー計算も簡単に出来るという事です。

ワンダーコアスマートで腹筋する際にも、
このカロリー計算は役立ちますよ。


ワンダーコアスマートの口コミ※初めて使った私の率直な感想※


では、3つ目を見ていきましょう。



体重の推移をグラフ化して見られる

一番、大切な体重の推移になります。


IMG_2217[1]

こんな感じで日々の摂取カロリーと体重の変化を見られます。


私の画面はデフォルトですが・・・w


体重って上がったり下がったりしながら、
実は体重は徐々に減っていくって知っていますか?


右肩下がりに落ちていくという事はなく、
徐々に変化をしているので視覚化する事が重要です。


理由はダイエットを始めて、
仮に3日後に体重を計ったら増えていた。


そうなったら、やる気落ちませんか?



「俺の努力は報われるのか?」

と感じ疑心難儀になってくるでしょう・・・


ですがグラフ化して視覚化する事により、
徐々に上がったり下がったりしながら体重が落ちる事が見れます。


なのでダイエット中には視覚化する事が重要なんですね^^



カロリー管理のまとめ

  • カロリー計算が容易に出来る
  • 運動した記録を簡単に付けられる
  • 体重の推移をグラフ化して見られる



どれもダイエットの際には大切な事です。


それに毎日記録を付ける事で、
俺はこんなにも頑張っているんだ!


そんな自信にもつながりますし、
毎日継続して客観視する事で挫折する事も減ります。


健康管理をしたい場合や、
ダイエットを挫折せずに頑張りたい場合にはオススメです^^

icon-finger1-rカロリー管理のアプリはコチラ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ